2018年03月30日

ARES製Amoeba M4-CCRストック変更型の整備とセミロングカスタム

今回はAmoeba搭載型のM4です。
初めての分解なので、多少写真におかしな部分がありますが、その点はご了承願います。

では、全体写真から。
(写真をクリックまたはタップすると大きくなります)



サプレッサーからインナーバレルが飛び出てます。
初速を計ると結構良い数値。



今回はちゃんと動画を撮りました。



では、分解していきます。
分解方法は他のM4と変わりありません。
ただ、配線を引き出す際に被膜を破る恐れがありそうでしたので、この様に分解していった方が良いと思います。

まずは、フロントレールの両サイドにある六角ネジを外します。
かなり固いですので、気を付けてください。





レールを引き抜く時に配線に気を付けてください。
レールを抜いたら、基部のネジを外します。



次に、基部を外します。
C型のリング状と成っておりますので、少しマイナスネジでコジれば簡単に抜けます。





次に、バレル基部を回して外します。





この状態にすれば簡単に配線を引き抜くことができますし、組み立てる際も簡単に配線を組み込めます。

それ以外は他のM4と同じなので、メカボックスを取り出します。





シリンダー下部に電子基板が入ってます。
まずは電子基板から取り外していきます。
先に、配線の無い、青色のカバーから外していきます。



写真の様にネジを4か所取り、蓋を取ります。



この時、写真の緑で囲った磁気センサーを折り曲げたり、折ったりしないように安全に保管しておいてください。



次に反対側の基板を外します。
先に基板の4か所のネジを外したんですが、セレクタープレートを先に外さないと取り外せません。







セレクタープレートを取り外したら、基板が取り外せます。
ここでも注意が必要で、セレクタープレートを取り外した際に写真の銀色のパーツを無くさないようにしてください。
トリガーロック用のパーツだと思われます。



基板が取り外せたら、メカボックスを閉じているネジを外します。



開きます。



程よいくらいに汚れてます。
全てを取り出し、掃除します。
グリスが取れたら、可動部分を磨きます。



シム調整をして、グリスを塗り、組み込みます。
シリンダーを交換してほしいとの事でしたので、写真右のシリンダーに交換します。



ついでに、ピストンヘッドのOリングがスッカスカでしたので、交換しておきます。



メカボックスに組み込みます。



メカボックスに基板を取り付ける際も、ネジを基板が割れるくらいネジ止めする方がいますが、そこまで力強くしなくても、基板が固定できる程でネジ止めして下さい。



次に、トリガーロック用のパーツを入れます。



セレクタープレートをロックパーツと合うように設置します。



セレクタープレートをネジ止めすれば反対側へ移ります。



ピンが全て入るように入れます。
その際に磁気センサーに気を付けて蓋をしてください。
後はネジ止めすれば完成です。

あと、グリップを取り付けた後、モーターの配線ですが、この個体は左右両側に配線を通すやり方のようです。



マルイなどは必ず片側へ配線を寄せますが、これは必要ないようです。

組み立て終わったら、次はインナーバレルの加工です。



サプレッサーの口と、バレルの口の両方の長さに線を引きましたが、バレルと同等の長さという事でしたので、短くします。

すいません。写真撮り忘れました。
加工して、自作のHOPクッションを入れて組み込み。

初速は以下の通り。

ノンHOP時



適正HOP時



施工前より初速は低くなりましが、流速風の仕上がりとなっております。
0.2gBB弾で試射しましたが、60mは軽く行ってました。
0.25gの方が適応かと。

最後に整備後の動画です。



以上です。














  


Posted by シマ  at 20:43Comments(0)M4系

2018年03月29日

東京マルイ製次世代電動ガンM4系内部整備及びセミロングカスタム

ここ最近M4系の修理や改造が多いです。
今回も東京マルイの次世代M4の整備と改造です。
まずは全体写真から。
(写真をクリックまたはタップすると写真が大きくなります)



弄る前の初速



この時ついでに作動動画も撮ればよかったのですが、すっかり忘れてそのまま分解してしまいました。

では分解いたします。
メカボックスを取り出すまでの手順は省かせていただきます。

メカボックスを取り出しました。



既に誰かの手が入ってます。
開けます。
ネジを緩めているとき気づいたんですが、オートストップ機構のスプリングが外れてました。
ノーマルマガジンを使った際、オートストップ掛からなかったでしょうね。



無くさないように気を付けつつネジを外して開きます。



いい感じに中身が汚れてました。
全て取り外して掃除します。

掃除後、可動部分を磨きます。



ギアにグリスを塗って、スイッチを掃除して組み込みます。
あと、ピストンOリングがスッカスカでしたので、交換しました。



組み立てて作動確認をすると動かない。
何度組み立て直しても動かない。
しょうがないので、配線張り替えとスイッチの一部を交換して、作動させると動きました。
多分、被膜の破れたところからのショートか、スイッチの摩耗が原因かと思われます。

話は戻り、インナーバレルを加工します。
加工する前の写真を取り忘れました。
加工して磨きます。



チャンバーブロックに組み込み、HOPクッションを自作の物へと交換して、バレルが暴れないようにアルミテープを巻いておきます。



初速を計ると、こんな感じ。



施工前の物は初速を計る際、インナーバレルが暴れて計りにくかったんですが、アルミテープのお陰で楽に計れました。

作動動画です。



以上で、次世代M4の内部整備とセミロングカスタムを終了します。







  


Posted by シマ  at 20:26Comments(0)次世代M4系

2018年03月27日

G&G製M4の修理及びセミロングカスタム

数年前に私が整備した物です。
受け取り、初速を計ろうとバッテリーを繋いでも動かなかったので、そのまま分解しました。

全体写真から
(写真をクリックまたはタップすると大きくなります)



メカボックスを取り出す手順は他のM4系とほとんど変わらないので、割愛します。



メカボックスを取り出し、ネジを外します。
ひっくり返して、開きます。



そんなに汚れていないように見えます。



分解する際、配線が邪魔だったので、張り替えることに。

スイッチを見ると、焦げてる!



ショートしてます。
スイッチをそのままに、配線だけ張り替え。
ギア類に損傷は無かったので、掃除してグリスを塗って組み込み。
ピストンヘッドのOリングがスッカスカだった為に、交換。

純正ピストンOリング



交換したOリング



組み立てます。



フレームに入れて組み立てバッテリーを繋いでも動かない。
スイッチを交換して、再度組み立て。
動きました。

ただ、セミの位置では引き金が引けない状態でしたので、トリガースプリングを交換。
セミ、フル両方撃てるように成りました。

次にバレルの加工を。
アルミインナーバレルです。
強度的にかなり不安な物です。
HOP窓が狭かったので、広げます。

加工前



加工後



精密射撃が出来るようにバレルを加工して、バリ取りと言う名の鏡面処理をします。



全て組み立てて初速を計ります。



かなり低いですが、整備とセミロングカスタム以外の依頼は無かったので、このままです。

組み立て後の動画です。



以上です。  


Posted by シマ  at 14:15Comments(0)M4系

2018年03月12日

G&G製ARP9の調整

今回のARP9も写真枚数はそこそこしかございません。
詳しい分解方法は下記の青い文字で書かれたものをクリックしていただければ過去の記事に飛ぶことができます。

ARP9セミロングカスタム

では全体写真から。
(写真をクリックまたはタップすると大きくなります)



初速を計ります。

ノンHOP時



適正HOP時



では分解します。
メカボックスからの写真で申し訳ないです。



ひっくり返して開きます。



奇麗な物でした。
掃除するまでは。
結構金属片がクリーナー液の底に残りました。

連絡し、ピストンギアが樹脂製のままでしたので、金属歯の物へと交換しました。

純正ピストンセット



金属歯ピストンに純正ヘッドを組み込みました。



写真ではヘッドのOリングは純正のままの緑色ですが、気密があまり良くなかったので、黒色の物へと交換しておきました。
写真撮ってません。

掃除した後、可動部の研磨



シム調整をして、ギアにグリスを塗り、スプリングを手持ちのM110に交換して組み込み。
組み込んだ後の写真を撮り忘れて組み立ててしまいました。

次に、インナーバレルを加工します。
当初は受け取った際の話を忘れていて、アルミバレルを加工して組み立て。
連絡すると、真鍮バレルを箱に入れてあるので交換する話と言われて慌てて交換することに。
ほんまにすいません。



適性の長さに切り、切った面の面取りを行い、ガタツキ防止のアルミテープを貼って組み込み。
初速は写真の通りに。

ノンHOP時



適正HOP時



むぅ。微妙に初速が低くなったような気が。
それと、M110%のスプリングレートでこれだけの初速という事は、どれだけ気密が悪いのか。
チャンバーとシーリングノズルを交換すればかなり初速が上がると思いますが、今回はこれまで。

組み立て後の作動動画



相変わらずギア鳴りはうるさいです。
あと、お得意のセミロングカスタムはしませんでした。
当初はその様に言われましたが、飛距離も申し分ない状態でしたので、そのままで。
既に誰かの手でカスタムされたものでしたので。
依頼人様はかなり不安がっておりましたが、御友人の方に試射をしていただき気に入ってもらいましたので、お返しいたしました。
ゲームにて使用した際、満足したとのお礼のメールをいただきましたので、こちらもうれしい限りです。

以上です。

  


Posted by シマ  at 16:28Comments(0)M4系

2018年03月11日

東京マルイ製HK416Deltaの修理及びセミロングカスタム

このHK416Deltaですが、モーター配線を+-逆に接続した状態で作動させた為に動かなくなったとの事で預かりました。
原因はSBD端子のショートでした。
分解して気づいたので、組み立てて作動確認するより、全て終わってから作動確認しようと思い、施工を開始いたしました。
最近はメカボックスを取り出すまでの工程を省いております。
詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。
HK416DのOH

まずは全体写真。
(写真をクリックまたはタップすると大きくなります)



M4A1SOCOMカービンの様に前配線ではないので、分解には半田ごてが必要となります。

ストックを引き抜くとこの様に配線が通っておりますので、端子を折り曲げないように気を付けてください。



防衛策として、端子の根元に半田を盛り、折れ曲がり防止策をすることもお勧めします。



メカボックスを取り出します。



次に開きます。



慌てていて掃除後、組み込んだ後の写真を撮り忘れておりました。
メカボックスは純正の状態でしたので、掃除して可動部を研磨し、シム調整して、グリスを塗って組み立てました。

次にセミロングカスタムの為にチャンバーブロックを取り出します。
自作のHOPクッションに交換し、バレルを加工したら組み込みます。



組み立てて作動テスト。



初速を計ります。
ノンHOP時



適正HOP時



初速を依頼主様に送り、確認を取ります。
その後、新たにSBD端子の設置を依頼主様より確認したので、モーターに設置。



SBD設置後の作動テスト。



その後、電動ガンを取りにみえたので、0.25gBB弾で試射していただき、飛距離を堪能していただきました。
その間にストック内の通電ケーブルをこちらから純正へと元しました。



SBD端子を保護するためにヒューズ着きにするためです。

飛距離と作動共に喜んでいただけたので、こちらも嬉しく感じております。
以上です。  


Posted by シマ  at 17:01Comments(0)次世代M4系

2018年03月10日

東京マルイ製次世代M4A1カービンのギアロック修理 追記

今回は忙しかったため、写真の撮り忘れが多いです。
まずは全体写真から。
(写真をクリック又はタップすると大きくなります)




引き金を引くとギアがロックして動かない為、作動動画と、初速を計らず分解します。



フロント配線の為、半田ごてを使わず、メカボックスが取り出せます。
が、フロントをレール化してあるため、分解には結構手こずりました。
メカボックスを開きます。



ギア以外の排気系が全てライラックス製に交換されていました。
全て取り外すと、トリガーの根元が折れてました。
初めてです。



金属用の接着剤で固定しておきました。

次に、スイッチが汚かったので、掃除しました。



事後写真です。

全て組み立てます。



いつもの様に、可動部の研磨をして、グリスを塗り組み込みます。
逆転防止ラッチの形状がおかしいような気もしつつ、今まで作動していたので問題ないと考えそのままにしておきました。
写真撮ってないです。

組み立て作動テストすると、ピストンが後退したままロックが掛かるので、スプリングを1巻きカットします。
スプリングも純正ではなく、社外品のを切って入れてありました。
再度組み込み、作動テストすると普通に動きました。

今回組み立てる際に、配線の取り回しに時間が掛かった為、アッパーをフレームに組み込む際、3点のパーツを組み込まずに組み立てました。
旧型の次世代機には無く、HK系から組み込まれるようになった、チャンバー固定用のパーツとアッパーとメカボックス間のガタツキ防止用のパーツを組み込みませんでした。
依頼主様にもその事は伝えました。



初速は少し低め。
ノンHOP時



適正HOP時



適正HOP時の方が多少初速が上がりました。
今回は飛距離の方は弄っておりませんが、依頼主様に試射していただき、満足して頂く物と成りました。

以上です。

追記

依頼主様に試射していただき、満足して帰られたのですが、その後またロックが掛かったとの事で再度分解。
よくよく話を聞くと、逆転防止ラッチが次世代用ではなくライラックスのVer2用に交換したとの事。
それで、形状がおかしいと思ったわけです。
ラッチの形状の見比べ。



パッと見は色だけの違いです。
ですが、よく見ると違います。

スタンダードVer2用



次世代及びHC用



良く見比べるとラッチにかかる部分の形状が違います。
これらに気を付けてパーツ交換をしてください。

以上です。  


Posted by シマ  at 19:27Comments(0)次世代M4系

2018年03月08日

CYMA製M16A4対ゾンビ用カスタム

数日前に対ゾンビ用流速カスタムと銘打って記事を投稿しましたが、流速カスタムではなかったので、記事を消して、再投稿となります。

では、全体写真から。
(写真をクリックまたはタップすると大きくなります)




当初動かないという事でしたので、バッテリーを繋ぎ作動させたら普通に動きました。

通常のM4の分解方法と同じなのでメカボックスを取り出したところから。



開きます。



結局、いろいろとパーツ買い足しましたが、軸受けだけベアリング軸受けに交換して、スプリングをM120を3巻きカットして入れました。



組み立てて初速を計ります。

ノンHOP時



適正HOP時



組み立てた状態で作動テスト



ここまでに至るまでに平型ミニヒューズを何個も飛ばせて、半泣きでしたよ。
結局、ギアを13:1ハイサイ仕様、EG30000モーターを使用したのがヒューズ飛びの原因でした。
スタンダードギアにCYMAのモーターを入れてやっとヒューズ飛びから解放されました。
これからは流速カスタムの勉強もしっかりとしていきたいと思います。
以上、対ゾンビ用カスタムの内容でした。


  


Posted by シマ  at 19:43Comments(0)M4系

2018年02月26日

G&G製GC16Predatorの流速カスタム修理

書こうか迷った内容です。
ただ、あまりにも施工内容が酷かったので、依頼主様に許可を得て書きます。
まずは、全体写真から。
(写真をクリックまたはタップすると大きくなります)




症状はBB弾がまともに飛んだり、飛ばなかったりするものでした。
初速を計りたくても、まともに飛ばなかったので計れずに分解しました。

分解手順は他のG&G製CM16系と変わりません。
FCU基盤への配線の取り扱いだけ気を付けてください。

こんな感じに外してください。



FCU基板から四又接続端子を外しますが、汚れ防止ビニールが取り外しの邪魔をしているので、端子の横に切り込みを入れてください。



写真の様に簡単に取り外せます。
次に、ストックパイプのネジを外し、ストックを抜きながら配線を出します。
接続端子が現れます。



端子を外せは簡単にストックパイプとFCU基板を取り外せます。

メカボックスを取り出し、開けます。



パッと見、何の変哲の無い状態です。
ただ、80000発撃った後だったので、多少の汚れはあります。



全て取り外して掃除します。
当初ピストンヘッドの形状が違ったため、専用部品かと思いましたが、ただ単にシリンダーヘッドのダンパーがピストンヘッドにくっ付いているだけでした。
が、しっかりと接着されていませんでした。
シリンダーヘッドの内側に接着剤を塗った跡はあったんですが、くっ付いていた跡が無いんですよね。
あと、グリスが異様にベッタリと付いてました。
筆塗りしないんですかね?
除去に苦労しました。

次に、可動部の研磨をします。



研磨の後、軸受けが全て外れていたので、接着。



組み立てる際、シム調整をしましたが、数枚余りましたね。
シリンダーヘッドにシールテープを巻き、気密保持をしておきます。
組み立てます。





次に、チャンバーブロックの調整です。
チャンバーをメカボックスに押し付けるように付いているスプリングが無かったので、BB弾がまともに飛んだり飛ばなかったりしたみたいです。
実際にスプリングを付けて組み込んで試射をしたら、普通に飛びました。

ただ、HOP窓を拡張するのは良いんですが、後処理がされておらず汚い状態でした。
ので、磨きます!



ピッカピカに磨き、指で触っても痛くない状態へとしました。
また、チャンバーパッキンが純正のままでしたので、マルイパッキンへと交換しました。
ここでも、前の施工主は依頼人からパッキン交換代を受け取っておきながら、交換していないという事もしておりますので、本当に辞めてほしいわ。



バレルのガタツキ防止の為、アルミテープを巻き組み込みます。

初速を計るとこちら。



0.2gBB弾でノンHOPで97m以上。
適正HOP時で100超えましたので、写真に撮りませんでした。
これ、普通に違法電動ガンを作ってるって事ですよね?
まずいよこれ。
で、依頼主様に連絡してバレルを5㎝くらい切り落とす。

ノンHOP時の初速の写真は撮り忘れましたが、大体88m程。
適正HOP時でこちら。



後日、友人に風の吹く中撃ってもらいましたが、数珠つなぎに60m飛んでました。
バラツキも少なく、惚れ惚れする物となりました。

部品をただ取り換えるだけの施工なら、分解組み立てができる人なら簡単にできます。
やはり元からある部品を加工しながら、それぞれに適した物を使うのが本当の意味の改造だと思います。
全体的には雑な施工でした。
なるべく、グリスは筆で爪一枚一枚に塗り込んでいくと均等に付けることが出来るので、基板が入ってる電動ガンには注意した方が良いと思います。

以上です。



  


Posted by シマ  at 13:58Comments(0)M4系

2018年02月26日

G&G製CM16SRSのセミロングカスタム及び初速上げ

今回の電動ガンはG&G製CM16SRSです。
ファーストロットは11.1Vじゃないと作動しない代物だったような?
以前、リポ7.4Vを繋いで引き金を引いたら作動せず、11.1Vに変えて引き金を引いても動かなくなった代物を頂いたことがあります。
フューチャートリガー入れて普通に作動しておりますが。
で、こちらは普通に7.4Vで動きました。
まずは全体写真から。
(写真をクリックまたはタップすると大きくなります)



初速はこちら



整備前の作動動画



分解します。
M4系の電動ガンと分解手順が同じなので、省きます。
ただ、ストックパイプにFCU基盤が入ってますので、こちらの取り外し手順だけ書きます。



基板の緑枠で囲った接続端子を外します。
その時、汚れ防止ビニールに端子が取り外しやすい様に切れ込みを入れてください。



接続端子を外したら、ストックパイプ奥にあるネジを外します。
ストックパイプを抜いていくとバッテリー配線の接続端子が現れます。



こちらも外してください。



こうすればストックパイプが難なく外せ、メカボックスが取り出せます。

フレームからメカボックスを取り出し、ネジを外します。



G&Gはマルイや他のメーカーと違い、反対側にネジ頭があります。
ネジを外したら、ひっくり返して開きます。



全て取り外し、掃除します。
可動部の研磨もします。



ピストンの気密を調べると、スッカスカ。
ピストンヘッドのOリングを交換します。



緑色のOリングが純正。
黒が交換した物。

気密をしっかりと保持して、スプリングをM90の物へと取り換えて組み立て。



シム調整、グリス塗もしっかりとしております。
組み立てて作動テスト。



この時は良かったんです。
組み立てて初速を計ったらこちら。



むぅ、足らない。

スプリングをM100の物へと交換。

初速がこちら。



次に飛距離を伸ばすためにチャンバーブロックを取り出します。



分解しながら気づいてはおりましたが、誰かが既に手を入れているみたいです。
それでも、インナーバレルを研磨して、HOPクッションを自作の物へと交換。
パッキンはマルイ製でしたので、交換しませんでした。
組み込んだのがこちら。



組み立てて作動させるとおかしい。
フルオート時に引き金を引いても単発でしか発射されない。
2回引き金を引いて、3回目にフルオートに成る。
散々悩んだ挙句、トリガースイッチを分解して、基板の半田部分に接点グリスを筆で薄く塗り、組み立てて作動確認すると普通に動くようになりました。
あと、当初モーター配線のプラス接続端子が焦げていたので、そこは取り換えておきました。

全て組み立てた後の動画がこちら。



1マグ試射しましたが、無風状態であれば約60m飛んでました。
弾道も40mから50m付近で散り始めますが、1m以内には収まってましたので上出来かと。
以上です。






  


Posted by シマ  at 10:11Comments(0)M4系

2018年02月09日

東京マルイ製SR16にメタルフレームを組み込む・ついでにメカボックス整備

今回はフレームの爪が折れたとの事で、メタルフレーム化にするというご依頼。
結構安めのメタルフレームに心当たりがあったので、こちらをお勧めしました。

【JGWorks】M4メタルフレームを。
URL張り付けませんが数千円で買えたので、良かったと思ってました。
そう、組み込むまでは!

まずは全体写真から。
(写真をクリックまたはタップすると大きくなります)



初速はこちら



結構高いです。
既に手が入っているのかもしれません。
で、作動動画



では、分解していきます。
フレームロックピンを前後抜きます。





抜いたら、アッパーとフレームを分離させます。



次いで、ストックを外します。
ストックパッド上部のネジを外せば引き抜けますが、接続端子がありますので、外してください。





グリップ底のネジを外します。



底蓋を外したら、モーターに繋がる配線を外し、取り出します。
グリップ奥底にあるネジを外します。



マグキャッチを外します。



バレットフィードスペースを取り外します。



トリガーロックピンを外します。



セレクターを大体セーフティーとセミの中間か、セミ寄りにしてメカボックスを後部から持ち上げます。





メカボックスを取り出しました。



ネジを全て外し、開きます



開いたら全て掃除します。
掃除していて気づいたんですが、シリンダーヘッドに針金がめり込んでました。



除去して掃除しました。
メカボックスを磨きます。



全てにグリスを塗り、組み立てます。
勿論、スイッチにも接点グリスを塗ってあります。



次にメタルフレームに組み込む訳ですが、ピンを差し込む穴が全て狭いので、やすりで広げました。
セレクターはそのままで組み込むと、フルオートまで回すとトリガーがロックしてしまうので、セレクターをマルイから移植します。



次にダイキャスト製のボルトキャッチがピン止めになっていたので、マルイ製を加工します。
ひっかけるための爪を切り、やすりで面を慣らしてから、穴の位置を大体で計り、ドリルで穴を開けました。



ボルトキャッチはHOPエレベーター用の止めピンを使い、固定しました。



最後にストックリングを入れようとするも入らないので、穴の径を広げました。



ここまでしてやっとフレームにメカボックスが組み込めました。
組み込んだ後の作動テスト動画



次にアッパーにフロント一式を組み込みます。
まずは分解します。
レールの下部を取り外します。
バレル基部にあるネジを外します。



次に、フロントサイト側のネジも外します。



これでレールが全て取り外せます。
外したら、バレル基部のネジを外します。



アウターバレルが取り外せます。



レシーバー基部ナットを外し、バレル基部を取り出し、メタルフレームに入れるのですが、完全に入らない。
よく見るとアッパー側に出っ張りがありそれが邪魔して入らないので、削り取りました。



当初はメタルチャンバーブロックにして組み込んだんですが・・・





ダミーボルトは入らないわで、取り外しました。
初速がダダ下がり。
ですので、こちらに変更。





初速も少し下がりましたが純正品ではないので、どこからか気密漏れが。



全体的にはこんな感じ



バッテリーが切れたので、違うバッテリーにて作動動画



解っていたんです。
海外製品は組み込む際にかなり手間がかかるって。
マルイさんが交換部品を充実してくれたらこんな事にはならないのですが。
どうか、お願いします!!!

以上です。

  


Posted by シマ  at 17:35Comments(0)M4系

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
プロフィール
シマ
シマ
岐阜県可児市広見にてひっそりと電動ガンの修理及びカスタムを行っております。
今までmixiにて活動や作成内容をUPしておりましたが、新たにミリブロでも報告の場を広げました。
身体はデカイが、心は狭い男です。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人